2009年07月14日

筋の通らぬことばかり

理不尽だが必要なものがそこにある。 そうやって pragmaticといえば聞こえがいいが、 「おかしなこと」を結果的に受け入れていくうちに 自分自身も飼いならされ、理不尽に鈍感になっていくのだろう。 男たちの旅路で鶴田浩二演じる吉岡司令補だったら 「どんなにほしいものであっても、そのようなものは うけいれてはいけない」といえるいい意味での頑なさが ほしい。

posted by oi at 17:43 | 福島 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | しごと(おおまかに言えば)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
 

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。