2009年05月03日

忌野清志郎没

忌野清志郎が死んだ。

初めて聞いた曲は「ぼくの好きな先生」だったが、曲自体は覚えて いるもののバンド名や清志郎自体は記憶に残らず、あとで これもRCだったんだ、といわれて、そうだったのか、と 思った程度。

次は、たしか高校のいわゆる放送部がお昼の放送で「上を向いて 歩こう」や「スローバラード」をかけて、「変な歌い方だ」と 思ったとき。結果、変な歌い方は本当に見事なまでに終始一貫していた。 しかしこの時はやはりそれ以上の興味は持たなかった。

多分その次ぐらいの年、ギター雑誌 (Young Guitarだったか)が いろいろなミュージシャンに「今年前半でもっとも印象に残った ライブは?」というアンケートの答えを掲載し、Charの回答が 「渋谷屋根裏のRCサクセション」と答えていた。「へぇ、あの 変な連中か」とちょっと意外に思いつつ、少し興味を持ち出す。

その夏、Johnny Louis & Charを武道館に見に行くと、前座が RCだった。これでやられた。秋には確かパイオニアあたりが 提供していた、平日に毎日10分ぐらいやる帯番組で一週間 RCが流れ、「雨上がり」や「ステップ」「スローバラード」 など代表曲をやった。小川銀次がいた頃。

もう一度みたかった。 58は若くはないが、死ぬ年じゃないだろ。 田舎暮らしの短所は数あれど、こういった「文化」に触れるチャンスが ほとんどない事。

<訃報>忌野清志郎さん58歳=ロック歌手 がん治療続け

posted by oi at 02:27 | 福島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
 

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。